線形補間とノーマライズのメソッド -『JavaScript』

インタラクティブなコンテンツを実装するときに利用したい、線形補間とノーマライズのメソッドの紹介です。processing でよく使う関数なのですが、Javascript でいつも自前で実装しています。

線形補間

0から1のまでの値を、任意の範囲に相当する値に変換する。


const lerp = (x, y, p) => { return x + (y - x) * p; } console.log( lerp(100, 200, Math.random()) )

ノーマライズ

任意の範囲のある値を、0から1の範囲の値に変換する。


const norm = (x, y, p) => { return (p - x) / (y - x); } console.log( norm(1000, 1800, 1005) )

おわります。

線形補間とノーマライズのメソッド -『JavaScript』のアイキャッチ画像

share

related