El Capitan から High Sierra へのアップデート -『Mac』

長らく OS El Capitan を使っていたのですが、 Airpod や siri をどうしても使いたくなってきたので、2018年になってようやくアップデートしました。思い切ってみて Sierra を飛ばして、High Sierra に移行したときのメモです。

gitが動かない

まず git が動きませんでした。次のようなメッセージが出ます。


Can't start Git: /usr/bin/git The path to Git executable is probably not valid

xcode が抜け落ちたみたいなので、インストールし直してみます。

xcode (コマンドラインツール)のインストール

コマンドラインツールの xcode をインストールします。

terminal


xcode-select --install

Xcode を app store からインストール

app store で Xcode をインストールします。

Xcode の同意書に同意

Xcode の同意書に同意しないと、/usr/bin/git は使えないので、ライセンスのコマンドを叩きます。

terminal


sudo xcodebuild -license

秘密鍵を自動で読み込ませる

SSH の秘密鍵が、macをシャットダウンするたびに入力を求めてくる、という仕様になってしまっているらしいです。これは面倒なので、 ~/.ssh/configUseKeychain yes を追記することで、これを解決します。


Host github.com UseKeychain yes HostName github.com IdentityFile ~/.ssh/github User git Host gitlab.com UseKeychain yes User git Port 22 HostName gitlab.com IdentityFile ~/.ssh/gitlab TCPKeepAlive yes IdentitiesOnly yes

というような感じですね。

いきなり git が使えなくなったので、ちょっと焦りましたが、これでひとまず大丈夫です。

なくなったCLI ツールを再インストール

vue-cil と firebase-tools と create-react-app などが消えてしまっていたので、再インストールしました。

おわります。

El Capitan から High Sierra へのアップデート -『Mac』のアイキャッチ画像

share

related