GitLabやGitHubで複数アカウントを持つときのssh設定-『Git』

table of contents

    GitLabやGitHubで、複数アカウントを切り替えて使用するときなど、SSHを複数用意してssh接続する種のtipsです。新しくGitlabのアカウントを増やしたいとき、ということで想定して進めていきます。

    秘密鍵を作る

    移動します。


    cd ~/.ssh/

    鍵を作成します。


    ssh-keygen -t rsa -C "[your-mail-address@mail.com]" -f [your-file-name]

    [your-mail-address@mail.com][your-file-name] は任意です。

    作成したsshキーをコピーします。


    pbcopy < ~/.ssh/[your-file-name].pub

    コピーしたものを GitLab の settings でペーストし登録します。

    configの作成

    .ssh ディレクトリに config というファイルを作り(.ssh/config)、エディタで以下のように記述します。


    Host gitlab-[your-name].com User git Port 22 HostName gitlab.com IdentityFile ~/.ssh/[your-file-name] TCPKeepAlive yes IdentitiesOnly yes

    [your-name] は任意です。 [your-file-name] はsshキーを作ったときのファイルと対応させます。

    接続のチェックをします。


    ssh -T gitlab-[your-name].com

    クローン/登録

    クローンする場合も、リモートリポジトリをローカルに登録する場合も、git@gitlab.com といつもしているところを git@gitlab-[your-name].com に書き換える必要があります。 [your-name] は configファイルで記述した、[your-name] と一致します。

    リモートリポジトリの登録


    git remote add origin git@gitlab-[your-name].com:username/repositoryname.git

    クローン


    git clone git@gitlab-[your-name].com:username/repositoryname.git

    おわります。

    GitLabやGitHubで複数アカウントを持つときのssh設定-『Git』のアイキャッチ画像

    share

    related